等級の決め方とスタート

2014.5.21|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

車04

 

 

多くの保険契約者が問題を抱えているのが、交通事故を起こして保険を支払った際のの契約に関してで、通常であれば自動車保険の決め方は6等級からスタートします。

 

この6等級が順調にグレードアップしていけば順調なのですが、交通事故を起こしてグレードが5等級以下にダウングレードすると保険料が基本料金からプラスになる金融機関がほとんどで、こうなると保険料が高くなり、負担も厳しくなっていきます。

 

さらに問題なのが、何度も交通事故の起こしてしまい翌年のグレードが1~2等級になる大幅にダウングレードしてしまうパターンです。

 

この場合は現在契約中をしている金融機関ではロールオーバー更新を拒否されるパターンもあり、交通事故がなかったとして他の金融機関に移行した場合、いずれ低いグレードだと判明してしまう恐れもあります。

 

それでは現在の保険を更新せずに、まったくの別で新規契約として他の金融機関と契約できないのかというと、実はグレードが5等級以下の等級は保険会社を変更してもグレードが引き継がれてしまい、5等級以下をこっそりと隠して新規で契約を行っても、のちのちインフォメーションで判別し、グレードが訂正されプラスで保険料を支払うことになります。

}PgžxQ

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。