保険料が安くなる?メリット等級

2014.5.29|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自動車保険には2種類あります。

 

ひとつは自動車損害賠償保険といって通常は自賠責と呼ばれている保険です。自賠責は、法律により全ての車両に契約の義務がある保険で、料金や賠償の内容はどこの損保会社で契約しても同じです。

 

もうひとつは自動車任意保険です。自賠責は法律で被害者救済のために加入が義務づけられている保険で、賠償の内容は対人賠償に限定されていて内容的には必要最低限に設定されています。自賠責だけでは不足する補償を補うために多くの人が任意保険に契約するわけです。

 

さて、自賠責と違って任意保険の保険料や補償の内容は保険会社ごとに定められています。自動車任意保険の料率は非情に細かく定められていて、車種や補償内容などによって決まります。また自動車保険には等級という制度があり保険料の決定に関わってきます。

 

この等級は事故歴と連動しています。新規で契約し、契約期間内に事故がなく保険の適用を受けなければ翌契約期間には等級がひとつ進みその分保険料は安くなります。つまり等級は事故歴の有無を示し、保険料の割引率を表すものなのです。

車05

 

新規契約後に、事故を起こして保険の適用を受けることなく等級が進み割引率が適用されている等級がメリット等級です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。