インターネット割引サービスの注意点

2014.5.29|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

}PgžxQ

 

 

 

自動車保険のダイレクト型に変えようとしている場合、まずインターネットや電話で見積もりをするのが普通です。この時に注意が必要なことは、ダイレクト型の自動車保険会社は、大抵、加入する保険の開始日または他社から変えようと思っている場合はその保険ンの満期日が90日以内の場合のみ可能なことが多いです。なので車検証などを確認してから見積もり、契約するようにします。

 

そして、ダイレクト型自動車保険はリスクが細分化されているので、運転頻度・距離・エアバック等の安全装置の有無などの細かい条件で割引価格が変わってきます。理由としては、会社によっては24時間対応ではない会社があります。24時間対応しているところでも、安全装置があればロードサービスの使用をしなくてもいい時があります。使用しなければ保険会社としてはお金を支払わなくて済むので、安全装置を搭載しているのなら安くしますよという仕組みです。

 

ここで、注意が必要なのは改造車です。保険料の安さで若い方も加入を検討している方も多いと思いますが、改造されている車だと保険に加入できないケースもあります。最近は、車検はちゃんと通っている合法改造車だったら加入できるところもありますがせっかく安くなっている保険料に改造車分の上乗せがが付加されると意味ないので見積もり時に確認を取ります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。